井戸川克隆の訴えと公約

原発事故に勝つ!

『原発事故に負けるということは、今のままで何もしないこと。我慢はもうやめよう、十分苦労させられた。福島県民には負けてほしくない。勝ってそれぞれ生き抜いてもらいたい。今はそれぞれ離れて住もうとも、放射能の危険が去り、自然と共生できるようになったら、何倍も幸せな福島を再建していこう、平和と希望の福島を』

国・東電の言いなりにならない。

原発事故の情報は開示し共有する。

県民に健康手帳を配布する。

県土にある放射性物質は全部片付けさせる。

保養・疎開は県がやる。

被害者団体を立ち上げる。

損害賠償請求は県が強く関与する。裁判を支援する。

大切な被ばく作業員の健康を守る。

事故調査倫理委員会をつくる。

東電に福島を絶対に壊させない。